何かがうまくいっていない。婚活や恋愛が成功したい

かがうまくいっていない。婚活や恋愛が成功したい

世の中、めんどくさいことや、やりたくないことってあると思います。

 

仕事にしろ、人間関係にしろ、恋愛にしろ、日常生活の中でもビジネスの中でも、大小あれども、「めんどくさい」や「やりたくない」は山のように降ってきます。

 

そういうものから人は逃げたり、見ないふりをしたりして、後回しにして、結果、自分の首を絞めるような現実が待っているわけです。

さて、世の大半の人は、必ずと言っていいほど、「めんどくさい」や「やりたくない」を抱えていますし、そういうものから逃げ続けたり、見ないふりをし続けているのです・・・・・が、

 

世の中の大半の人は、「自分はそうじゃない!」と思っているものでもあります。
なぜなら、人は自分が逃げていることを単純に認めたくないわけです。簡単に言えば、カッコ悪い、恥ずかしい、というプライドからくる理由なのでしょう。

 

そんな、めんどくさい、とか、やりたくない、とか甘っちょろいこと言ってる時点で甘いんだよ!

 

なんておっしゃる偉いお方の論理は正論なのですが、はてさて、なぜめんどくさいとかやりたくないって思ってしまうのでしょうか??

 

僕なりに考えをまとめてみました。

 

結論から言えば、決意と覚悟がないから、です。

 

言葉だけ見ると、なーんだそんなことかって思うかもしれませんが、言葉の理解と実際に決意と覚悟を持つことは、コナミの実況パワフルプロ野球でホームランを打つことと、元楽天のマー君こと田中将大投手からホームランを打つことくらい、違うものなのです。

 

で、決意ってなに?覚悟ってなに?それって美味しいの?っていう方のために、簡単に言うと、

 

決意:自分の意志をはっきりと決めること。
覚悟:危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。

 

ということなのです。

 

つまりね、今、何かしらの物事に取り組んでいて、それが先に進まない、結果が出ない、うまくいかないという人は、決意と覚悟があって取り組んでいるのか?ということを、自分の行動に照らし合わせて振り返ってみると良いと思います。

 

たとえ話でもしましょうか。

 

===================================

 

あなたに大好きな女の子(男の子)がいたとします。
とてつもなく好きで好きで好きすぎてどうしようもないのです。

 

しかし!そんな好きな子には、すでに恋人がいて、別れる兆しがありません。
そんな二人の姿を見ていると、今にも自分の心臓を掴みだして、空に向かってバカヤロー!と叫びながら放り投げたい気持ちになってしまうのです。

 

そんな気持ちも限界が近づいてきました。一瞬でも気を抜くと、好きな子の唇に飛びついてしまうかもしれないくらい、狂気の沙汰なのです。

 

そして、我慢の限界に達し、あなたはついに告白することに決めたのです!

 

===================================

 

これが決意と覚悟です。

 

簡単に言うと、恋人がいる異性に恋心を抱いてしまったら、片思いで終わるか、告白するかのどちらかなのです。

 

告白をすれば、フラれるリスク、好きな子の恋人から正当防衛ならぬ攻撃を受けるリスク、周りから冷やかされるリスク、今まで妄想してきた夢を失うリスク、少しでも振り向いてもらおうとした努力が水の泡になるリスクが起こるわけです。

 

告白をする人はそれらを受け止めるということを覚悟して、誰かにそそのかされたりしたのではなく、自分の意思で決めているわけです。

 

片思いで終わる人は、そのリスクを恐れ、決意することもできず、告白しないまま、結局自分の中にシコリを残して、過去のほろ苦い思い出に変えていくのです。

 

ビジネスで言えば、お客さんに対する覚悟と決意というものが分かりやすいかと思います。

 

お客さんに対して、何かのサービスや商品を売るという行為には、それによってお客さんに対する責任が発生するわけです。それをしっかりと受け止めるという覚悟を持ち、お客さんに、自分のサービスを提供していく、何があっても提供し続けるという決意があることで、お客さんにもその熱意が伝わり、サービスや商品の購入に至る可能性があるわけです。

 

ですが、その覚悟も決意もなければ、どんなに良いサービスだろうと、どんなに良い商品だろうと、相手があなたから購入しようとは思わないものです。

 

多くの人は、リスクを恐れ、自分の意思もなく、結局、告白をせずにひたすら片思いをしながら自分の感情を押し殺していくだけとなったり、ビジネスに対してもお金や時間を消費すること、人間関係の破綻、失敗の連続などによる精神的ダメージ、などなど、そういうリスクを受け止める心構えがなく、どこかの金持ちの言葉にそそのかされ、自分の意思なく操り人形のように動き回り、自分の考えなど段ボールの底につめて、タンスの奥の奥の奥のほうにしまってしまうから、

 

結果として、リスクから逃げるという行為が「やりたくない」という感情を産み、自分の意思で決めることから逃げるという行為が「めんどくさい」という感情を生み、成果が出ないまま、負のスパイラルへと落ちていくのです。

 

話しを戻しますが、自分の取り組んでいること、何かを成したいと思い行動していること、そういうことが上手く進んでいないのであれば、自分の行動に対する覚悟と決意をもう一度振り返ってみてください。

 

必ずどこかに、リスクから逃げて、取り繕っている部分があるでしょうし、誰かの意見や誰かの言葉を鵜呑みにして、自分で考えずにロボットのように行動しているはずですから。

 

決意と覚悟

 

これは、単純なようで、とてつもなく深い言葉であり、

 

決意と覚悟が心にバチン!とハマれば、必ずや物事はうまくいくものです。

 

自分の心に潜む、「やりたくない」、「めんどくさい」を見逃さず、立ち向かっていくことを、心からおススメします。